banner

メリットとデメリット

ネット銀行で会社設立をするメリットとデメリット


ネット銀行はインターネットとともに普及した形態の銀行です。個人で利用している人も多いでしょう。会社設立をした後に、メインバンクとして利用する事もできます。そのメリットは、手数料が安く、金利が高いことです。また、インターネット上でいつでも残高確認ができるメリットは大きいと言えるでしょう。

日本に古くからある店舗型の銀行の場合には、たいていは口座を維持するだけで費用がかかります。月額で2,000円くらいかかることもありますが、ネット銀行の場合にはたいてい無料です。ですから、基本的なコストを抑えることができるでしょう。取引に応じて手数料を受け取ることによってビジネスが成立していますから、維持するための費用はたいていは無料なのです。会社設立をするときにはコストをできるだけ抑えたいと考える人は多いでしょうから、ランニングコストがかからないメリットは大きいです。

手数料についても、店舗型の銀行と比べると圧倒的に安いです。同じ銀行間での振込手数料は無料である事が多いですし、他行に振込をする場合であっても、店舗型の銀行と比べると安いですから、コスト削減はできます。

それとともに金利が高いのも魅力的です。店舗型の銀行に比べればかなり高いですから、利息収入を得たい人にとってはメリットは大きいと言えるでしょう。

会社設立をしてネットバンクを使えば、個人では利用できないサービスを利用する事もできます。例えば、複数人で同じ口座を管理できるサービスを利用できたり、給与振り込みを一括して行うことができたりと、法人向けのサービスも充実しています。

ネット銀行で会社設立をすることによるデメリットは、信頼性に欠けることです。メガバンクと呼ばれる旧来型の都市銀行と比較すれば、この面ではデメリットがあると言えるでしょう。

融資を受けにくくなるというデメリットもあります。会社設立をして規模を拡大するときには資金町月が必要になる事もあります。店舗型の銀行と付き合いがあれば融資を受けやすくはなるのですが、ネット銀行では融資を受けられないこともあります。融資のことを考えて、普段から店舗型の銀行を利用する人が多くいるのも事実です。

また、国庫取り扱い業務を行っていないものもありますから、この場合には社会保険料や税金を口座振替で利用したいと思っても利用できない場合があります。いくつかの銀行は対応していますから、利用しようと思っているのなら事前に確認しておく必要はあります。

Copyright(c) 2014 会社設立をビザやコスト、多角的な視野で検討しようAll Rights Reserved.