banner

取締役会を設置して

取締役会を設置して会社設立をする


株式会社設立をするときには、取締役を選任しますが、3名以上の取締役会を設置した場合には取締役会を設置することができます。
設置すれば、会社の意思決定機関として機能します。2,006年に会社法が施行されたことによって、設置してもしなくても良くなりました。施行前は設置が義務づけられていました。したがって、施行前には取締役が3名は必要だったのです。

現在は、上場企業では設置が義務づけられているのですが、非上場企業では設置しなくて良くなったのです。設置する事によって会社運営を厳格化できるというメリットはあります。
株式会社では株主に対して利益を提供することも必要ですし、会社としての利益を確保することも必要ですから、会社運営を厳格化しておかなければならないのです。

しかし、小規模な会社設立をする場合には、この規制があると不便な面があります。例えば実質的には一人で運営をする場合であっても、設置するためには3人の取締役会を設置しなければなりません。そのために、不要であってもあと2人を確保しなければなりません。名ばかりの役員を確保しなければならないのです。そのため、設置しなくても良いように改正されたのです。

規模の大きな会社設立をするときには設置するメリットは大きいと言えるでしょう。会社設立をすればいろいろな業務の決定を行っていかなければならないのですが、株式会社の場合には基本的な意思決定機関は株主総会です。しかし、株主総会で全てを決定していると、株主がたくさんいる場合にはいちいち開催しなければならないのですから不便です。

取締役会を設置すれば、いろいろな決定をそこで行うことがでいます。
また、代表取締役の選定なども行うことができます。他にも、重大な財産の処分や譲り受け、多額の信託、社債の募集の決定など、設置しない場合には株主総会で決定しなければならないことであっても決定することができるために、スムーズに会社運営を行うことができます。

会社設立の時に取締役会を設置するかどうかを決める事が必要となるのですが、設置すれば開催をしなければなりません。3ヶ月に1回は業務務執行の状況報告をしなければならないと定められていますから、3ヶ月に1回は必ず開催しなければなりません。
取締役が招集をして開催しなければなりませんし、監査や卯がいる場合には監査役にも招集通知が必要となります。取締役の過半数が出席し、そしてその過半数の賛成を持って決議を得る事ができます。

Copyright(c) 2014 会社設立をビザやコスト、多角的な視野で検討しようAll Rights Reserved.